スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟りを開いたと思うなら・・・

以前の日記に、「悟りを開いたと思うなら、親と一緒に過ごしてみればいい。そしたらすぐに分かる」と、エックハルト・トールが言ったと書きましたが、けだし名言ですな。

セドナメソッドのテープコースも終わったし、ホ・オポノポノをたまにやったり、結構リリースしてるんじゃないかなと思ってたら、事件発生

なんでこういうことをやってると“テスト”が来るのか不思議ですが、身内のことでちょっとありまして(ちょっとじゃないかな)、感情の嵐に巻き込まれてしまった。もちろんその感情に基づいた思考も湧き上がるし、大変でした。

リリースするにも、「この状況をなんとかしたい!」と言う思いが強すぎて、全然うまくいかない。心を落ちけリリースしても、身内のことなんで根が深いから、ちょっとくらいリリースしただけでは、ほとんど効果なし。すぐに感情と思考の渦の中に巻き込まれてしまう。

そんな中、なにげにセドナメソッドの本を手に取り読んでみると、制御欲求(コントロールしたいという気持ち)が今回の原因になってると分かりました。
制御欲求の同義語として抵抗、何かを変えたい、理解したい、思う通りに動かしたい、直したい、強要したい、自分のやり方で行いたい、正しくありたいとありますが、まさしくこんな感じ。

これを読んだらすぐに合点がいき、かなりリリースされたので、今はちょっと復活。

やっぱりリリースは、感情の裏側に潜む根源的な欲求まで見ていかないといけないと、今更ながら再確認しました。

さぁ、今日もリリース、リリース

おまけに、ホ・オポノポノも
ありがとう
ごめんなさい
ゆるしてください
愛してます


日々精進です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。