スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリース!

新年一発目の話題は、やっぱりセドナメソッドの近況報告から。

CDコースはそのまんまですが、年末に日本のAmazonで日本語版の本を手に入れたので、今読みながらやってます。

英語版の本は読んでないので比較はできませんけど、体験談とか余計な話がほとんどなく、テクニックの解説が中心なので、本と言うよりすごく使えるテクストブックみたい。
CDコースのテキストよりも理路整然としているかも。


色々リリースしているせいか、変化が出てるのがうれしい。

あれだけ嫌がってた散歩がずっと続いているし、運動に対する抵抗が無くなったみたい。
以前は「身体にいいからしないといけない」とか考えて、無理やりやったりしたけど、今は何の抵抗もなく、普通にやってるのが私的にはすごい変化なんだけど、「それに対しても何の思い入れもない」、というのがまたいいところ。


リリースする例えとして、「手で握りしめているペンを手を開くと、自然に落ちる」と言うのがありますが、まさにその通り

日ごろ何とかしたい!と思っているネガティブな感情なんかも、実はしっかり握りしめている様がよく分かる。
そういうのを何度となくリリースしていると、リリースする対象が問題なのではなく、がっちり握りしめている状態(行為)が問題なんだと、つくづく思い知らされる。

だからセドナメソッドはネガティブな感情等はもちろん、ポジティブなものもリリースするというのが納得出来ます。

昨日のNHK大河ドラマ「天地人」で、達磨和尚の弟子が自分の心配な心を何とかしてほしいと言ったら、その心配を出してみろと言われた。弟子は心配というのは形がないから出せないと答えた。それで形がないということに気づき、悟ったという話がありました。

セドナメソッドでも、色んな感情やらパターンなんかをリリース出来るのも、それに形がないからとあったので、似たような話だなと。

ありもしないものを必死に握りしめているのは、まさしく自我の働き。
これを続けていると、たぶん自我の動きが弱まるんだろうな。


さぁ、今日もリリース、リリース

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。