スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“I love myself!”の実践編

やっぱり団体旅行に行くと、何がしら頭にくることがあって、今回もありました。

詳細はおいといて、私のせいじゃないという思いとか、他人を批判する心とかが渦巻いて、「この前ブログに書いたのに全然あかんやん!」などと、心の中で言ってました。

でも、外の世界のことを気にするのを止めて、この気持ちに向き合い、「あぁ、これは誰のもんでもなく、自分の感情か」と思ったら、すぐに慈愛があふれ出し、「その“悪感情”が愛おしい」となりました。

全部「自分」だと思うと、なぜかすごく楽しい気持ちになる

ここ一連の日記の「自分らしさ」とか、「I love myself」で言ってたことが、実際に思わぬ形で出てきたのがこの旅行の一番の収穫かな。


PS:感情にとらわれた時、私にはバイロン・ケイティのワークより、ラマナの「Be Still」やパパジの「Stop」のほうが簡単であってるみたい。



おまけはスペインで見た彩雲
Trip to Spain 159


スポンサーサイト
コメント

No title

パパジやラマナの教えに熱心だった頃、いきなり「ヤコブ」の名がインスピレーションで聞こえ、少し驚いたことがあります。突然の固有名詞のインスピレーションは、これが始めてでもあったので、「ヤコブ」について色々調べたことがありました。
でも、どの「ヤコブ」かよう判らんし、単なる空耳かなとも思ってます。(笑)

mercy.さん

今回のツアーの参加者の一人も、ヤコブと言う名前が出てきて参加した人もいました。

mercy.さんもいかれてはいかがでしょうv-362v-364v-410
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。