スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真我は何処?

20070911223428.jpg


タイトルは「ふっ」と浮かんだので、内容と関係があるかないかは責任もたん!

この間アルナーチャラ&ラマナ詣でにインドへ行ったわけですが、今回一番真我を感じたのは東京の雑踏の中。

インドから日本へ帰った後、友人達と会って旅行の話やラマナの話、また私の体験談とか話す機会があった。

その際、表面上は普通に会話をしてるんだけど、真我関係の話しをする時はいつも内面は深く、深く、まるで瞑想状態のように、内に沈んだような、まるで真我と一体となったような感じで、話しをしている「私」はペラペラのセロファン紙みたいな感じになります。

感情的な動きは何も無いのに、時おり込みあげるものがあり、言葉に詰まることもしばしば。場所が場所なら号泣してます。

一回はスタバ、もう一回はカフェみたいなところで、波動的にみたら、東京の町中だし、全然良くないところです。

ティルバンナマラィのような聖地じゃないからこそ、そんなとこで感じられる真我のインパクトは強いのかもしれません。

内なる静寂を感じることが出来るようになったのは、ひとえにバガヴァンのおかげなので、アルナーチャラとラマナのお導きに感謝、感謝です。


PS:しかしなんやね。至福体験をしたのもオレゴンのスタバだったし、スタバは私の“聖地”か?
スポンサーサイト
コメント

No title

こんにちは。

スタバからトイレに行く途中、人々の中、そんな風でした(どんな風かはよく知りませんが(笑))。

会うたびのとても素敵なギフトをありがとうございます。

Love&Peace

あさん

ばれてましたか^^

私もあさんの詩から素敵なギフトを貰ってますよ。

No title

私も喫茶店は落ち着くせいかいいですね。
コーヒーもあるし、、、。

シロさん

コーヒーと言えば、インドのレストランでブラックコーヒーを飲んだ時の二人の顔が忘れられないv-411
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。