スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“スピリチュアルなMaxi”に喝! by ガンガジ

御好評(?)の“喝!”シリーズ第4弾!
真打登場!

シリウス・マハナンダさんの日記(http://sirius02.blog6.fc2.com/)にあった、

★「一切無執着」・・・それは自分のアイデンティティやら既得権益やらにも執着しない!ということでもある・・・時として霊的な道の途上にあっては、「私が一番大切にしているもの」それ自体を放り出してみよ!・・という命題に直面する場合がある。★

これについて私の体験をひとつ。

ガンガジに会う前はご多分に漏れず、色んなスピリチュアルな事をしてました。(今でも多少は・・・
色んなグルに会ったり、本を読んで教えに触れたり、呼吸法・瞑想法をやったり、マントラを唱えたり、神に祈ったり等々・・・。
仏教、禅、キリスト教、ヒンズー教、ニューエイジ系等々の分野も制覇!

しかし、ガンガジが私にしたことは、それまで後生大事にしていた、祭壇に祭った神々やグルとかその教えとかを一切合財投げ捨てて、何も無くなったのを、ただ笑っているような感じでした。

まるで、巨人の星の星飛雄馬のお父さんが、御飯ののったちゃぶ台をひっくり返したような感じ。(って例えが古い!

当然あわてふためいて、「何すんねん」とパニックになったけど、自ら求めた道なんで、仕方無しに最初はあきらめたというか、その後ゆだねることが出来たので、道が開いたような感じですね。

ガンガジがよく言うけど、「真理を求めるということは非常に“Radical”(過激)である。」

天国に行く事を約束されるでもなく、たとえ地獄に行こうが「真実を語る」その姿勢が重要だと。

どこに行くとか、どんな体験をするとかに思いを馳せるのではなく、その「私」に常に意識を向ける。そして全てを受け入れ、真実を語る。

これがガンガジのメッセージのエッセンスかなと思います。

スポンサーサイト
コメント

はじめまして。

このブログの語り口、最高ですネ!

数ヶ月前に
ガンガジの本を読んで
悟りの観念が見事にフッと飛ばされました~

ホントちゃぶ台がひっくり返った感じ(笑)

ガンガジのエピソード
いろいろ聞きかせて頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

aki.さん

初めまして。
ガンガジの本を読まれましたか。
それはそれはご苦労様でした。
あの本は翻訳がイマイチなんで、難しかったと思います。
それとガンガジのいうこと自体がシンプルなゆえに、頭で理解しようとするとよけいに難しいです。

私はこっちでガンガジのリトリートに行ったり、3 year program というのにも入ってましたので、色々知ってます。

また機会があればシェアしようと思いますが、aki.さんのほうで何か知りたいことがあれば、お答えしますけど。

こちらこそ、どうぞよろしく!

PS:ミクシイでガンガジのことを以前色々書いたりしたので、それを見てもらってもいいですけど。

No title

Maxiさん

お返事ありがとうございます。

>あの本は翻訳がイマイチなんで、難しかったと思います。

そうでしたか。
最初は難しく書いてる本だなって思いましたが
読みすすめているうちにオオーっと!
一気に目が覚めました。

>aki.さんのほうで何か知りたいことがあれば、お答えしますけど。

ありがとうございます。

でもなぜか、
知りたいこと・・が
意外にも何も浮かびませんでした。
すみません。
なにか浮かんだらまたお聞きしますね。

ミクシーではどうやって見れますか?

aki.さん

>でもなぜか、
>知りたいこと・・が
>意外にも何も浮かびませんでした。
それが一番!
真理は静寂の中にあるから。^^

ミクシーは誰かに招待してもらわないと入会できません。
ミクシーには色んな“コミュニティ”があって、スピリチュアルなのも数多くあります。
中にはガンガジの師であるパパジや、ラマナのコミュもあるので、ネットで検索するより簡単に情報が得られるので便利です。

もし、aki.さんが入りたいなら、ミクシーをやってるお友達に頼むのが一番ですが、なんなら私が紹介者になってもいいですよ。その場合にはメールアドレスがいるので、教えてもらわないといけませんけど。

ここにコメントする際に、「SECRET?」をチェックすると私しか見れないので、他の人は分からないから大丈夫です。

まぁ、でも、おいおいガンガジについて日記を書くだろうから、それを待ってもらってもいいですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。