スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“Grace & Presence”

IMG_0079.jpg


シリウス・マハナンダさんが書かれていた、アルナーチャラとラマナアシュラムに行く意義の中で、Grace & Presence という言葉が使われてますが、これにはビンビンきました

『バガヴァン=アルナーチャラの最大の魅力である、その比類なき恩寵と臨在(Grace & Presence )というものを是非体験していただきたい・・それこそがアルナーチャラへラマナアシュラムへ訪問・滞在する最大の意義である』

*シリウス・マハナンダさんのブログ:
http://sirius02.blog6.fc2.com/
ウェブサイト:
http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/

神やそのイメージを表わす言葉は数多くあるけれど、言葉では表現できない、つまりいかなるコンセプト・概念にもおさまらないのがその実相なので、色んな言葉があります。

愛、無、空、宇宙、スペース、存在等々。

その中でも私は“Grace & Presence”(恩寵&存在)にすごく惹かれます

“Grace”は直訳すると「恩寵」ですが、私にとっては全てを包み込むような愛というか慈悲の心と導きのような感じ。そして、それには全てを委ねることができる。
またその“Presence”(存在感、臨在性)は圧倒的で、それ以外は何もないといった感じ。

ただただそれに身を委ねるばかりです・・・。
スポンサーサイト
コメント

No title

神やそのイメージを表わす言葉って考えたことがなかったなぁ。
*
インドの夕日はきれいですネ
後光をしょってるみたいでカッコイイです。
インドの夕焼け太陽よコンニチハ。また明日。

楽しみ

楽しみだなあ!
アルナチャラ!

rottie.さん

これ朝日ですv-481v-363

死ぬ思いでアルナーチャラを登山中。

シロさん

ギリプラは御一緒するけど、アルナーチャラ登山はシロさんとshioさんにお任せしますv-388

へたれな私には無理。一度で十分。

No title

え~
朝日なの??
何時間かけて登ってるのでしょうか???
私もヘタレゆえ宮島の弥山で十分です(笑)
・・・たった1時間半くらいの事だけれど、ヘタレゆえ死にそうになるのよ~

rottie.さん

アルナーチャラは聖なる山で、普通の人は年に1回、11月の満月の日にあるお祭りの時しか登りません。
ゆえに、登山道など無しv-364v-405
巨大な岩肌を這うようにして登ったり、降りたり。ヘタレな私は3時間ちょっと掛かったと思う。
ガイドのインド人が普通は2時間くらいだと言ってたような?途中で嫌そ~な顔をしてました。
しんどかったなぁ~v-402
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。