スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アート・オブ・スティルネス(内なる静けさ)ワークショップ

kinslowNothingbook.jpg

もう結構経つけど、行ってきましたよ、アート・オブ・スティルネス(内なる静けさ)ワークショップ。

他のワークショップ同様、基本的には本の内容と一緒。
だから、私は英語版を持っているので、それをちらちら見ながらワークショップをチェックしてました。
著者が本の内容を身ぶり手ぶりで説明してくれてる感じがよかったです。

内容は来年日本語版が出るそうですから、それ見てやればいいと思う。
「純粋なユーフィーリング」の呼び名が変わり、「ユースティルネス」になっただけで、新しいことは何もなかったです。
それを感じるエクソサイズを色々しただけ。

キンスローさんは長年TM瞑想(超越瞑想)をしてた人だから、今回超越者についての説明を長い間してましたけど、あれはちょっといらんかな・・・。申し訳ないけどね。
超越者!って言われてもねぇ〜。TMやってないし、全然ピンとこなかったです。

しかし、他のエクソサイズはとても良かったですよ
静寂、スティルネスを感じるのが今回のワークショップの目的だから、私にとってはそうそう!それそれ!みたいな感じ。

普通のスピ系でよく言われている、ポジティブ思考がどうしてダメなのかとか、いわゆる“観察者意識”がどうしてダメなのかの話も良かったですね。本が出たら、その箇所だけでも読んだらいいです。
この本を出版する際、いつもの出版社には断られたとか。その理由はその出版社がポジティブシンキングの本を出してるからだそうです。

以前ブログに書いたと思うけど、観察者意識の罠とは、観察者と観察される物という分離があるから。そうすると相対的な世界に入り込み、真我のワンネスの世界とは違う。
ヴェーダでも言ってる、見る者、見られる物、見るという行為、この3つがひとつというのが真我の世界。

だから、他のワークショップでもそうですけど、今回もまず自分自身に静寂さを感じ、見る対象物にも静寂さを感じ、またその間の空間にも静寂さを感じる。このエクソサイズはとてもいいと思う。
*本質的に言うとちょっと違うんじゃない?という人もおられるかと思いますが、まぁ、そう固いことは言わずに。
アドヴァイタ系の本を何冊も読むより、これやったほうがいい

*最後に通訳は酷かった・・・。
Mさんがツッコみまくってたのが、おもしろかったです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。