スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クォンタム・リヴィングの秘密―純粋な気づきから生きる

クォンタム・リヴィングの秘密―純粋な気づきから生きるクォンタム・リヴィングの秘密―純粋な気づきから生きる
(2014/02/08)
フランク・キンズロー

商品詳細を見る
セミナーの上級コースの内容がこれ。
これまでの本よりももっと“無”とか真我的な“自己”についての話がパートⅠにあり、パートⅡは色んな練習方法が載ってます。
お勧めします。



ワークショップから一ヶ月以上経ってしまって、何をいまさらッて感じですけど、やっぱり行ってよかった
最初の本が基本コース、ユーフィーリングの本の内容をユーフィーリングのコースでするので、新しい情報とかはないけど、セミナーだと参加者とペアになって練習出来るのがいいです。
もちろんDr.Kinslowの話や、説明を聞けるのが何より良かったです。

まずはDr.Kinslowの話から。
本にも載ってますけど、彼は70年代から80年台くらいに流行った超越瞑想(TM)をずっとやっていてインストラクターにもなり、山にこもって瞑想三昧の生活をしたりしたから、神、天使、アセンデッド・マスター等々とコンタクトしたりしてたそう。しかし、60歳になってもお金で苦労したりしてたので、一切のスピリチュアルテクニックをするのを止めた。
そしたら、目覚めてしまったと。
*そして自分の体験したことを人々に伝えるためにQEを思いついたそうです。

これって、ほとんどアドヴァイタ的なプロセスですよね。
ラマナというより、パパジの「ストップ!」を地で行ってる感じ。
どうりで私が惹かれるわけだ。そういう匂いがプンプンしてたし。

QEのセミナーの前にMEのセミナーに行ったけど、大きな違いは、MEはあくまでも現実をシフトさせるテクニック。
QEは現実をあるがままに受け入れ何もしない。結果的に何かが変化してもそれが目的ではない。
人それぞれ受け取り方は違うでしょうけど、私的にはざっくり言うとこんな感じですかね。

だから色んな練習を通して、ユーフィーリングを感じ、無・空のレベルまで意識を持っていくのが真の目的のようでした。

ワークショップでDr.KinslowがQEを説明する時に使っていた図(ユーフィーリングの本のP89に載ってます)がとても良かった
純粋な気づきは形のない世界で、線の上が形のある世界。
ユーフィーリングは丸い形でその上半分が形のある世界で、下半分が形のない世界。純粋な気づきはマインドでは理解できない世界だけど、ユーフィーリングというコンセプトでは、マインドも認知できる形のある世界に半分があるので、マインドを満足させることが出来る。そして、それを意識すると自然に下半分の形のない世界へと誘われる。
これってすごくない

体験談として、鬱でどうしようもなかった人が真我体験みたいなとこまで行ってしまって、鬱の原因の記憶さえも無くなってしまったとか。
また、去年のセミナー参加者の男性二人は当時怒りのエネルギーが激しく、近寄れなかったけど、今回会ったらまるで別人のように穏やかになっていたそうです。

一つ一つトラウマ的な問題や感情をリリースする方法もあるけど、QEはアイデンティティがシフトするようなので、諸問題の元から断つ!ような効果があるようです。

セミナーの中で一番気に入った練習はスペースウォーキング(新しい本のP167、「空間ウォーキング」)。これはおもしろい
*この前にマインドフルネス的な、歩きながら手足、物等々を感じながら、ユーフィーリングを感じる練習もしました。
これをやってると意識が広がるところがとてもいい
物じゃなくて、何もない“空間”を意識して、そこにあるユーフィーリングに気づくというのが、素晴らしい
*サイトや最初の本についてくるCDにあるゲートテクニックにちょっと似てる。

今回のセミナーでユーフィーリングをSelfというか、プレゼンス的な感じで強調していました。
ユーフィーリングを意識レベルのように意識して深くするようなものではなく、そこら中にある。
あくまでも常に“そこ”にあるユーフィーリングに気づくだけ。気づいたら、手放す(テクニックではない!)単なる気づき。気づきというのがとても大事。
ユーフィーリングに意識を向け、1,2秒経ったら、手放す

だからスペースウォーキングでも、“意識が広がる”ような感じもあるけど、実際はもっと深くて、広がるというより、“全てに真我を観る”練習と言ったほうがいいかもしれません。
広がったり縮んだり、深くなったり浅くなったりする通常の瞑想的な意識ではなく、ワンネス的な普遍の意識。
それを目を開けてやるところがすっばらしい
*目を閉じて瞑想しないと行けない世界だと意味が無い。条件付けされたイリュージョンの世界。今ここ

気づきが広がっていくと、自分の波長に合ったものが、見える、同調する、実現する。
Desire(願望)もユーフィーリングの中に溶け去っていく。そしたら、願望が実現化する。


また新しいプロセスを思いついたそうで、フロリダのセミナーで試してみたらとても効果があったそうです。
より一層、Stillness(静寂)の意識まで行きやすくなるとか。
これを10月のセミナーでやるそうなので、ちょっと楽しみ。また行きます

QEはアドヴァイタ系の本を読んだりしてる人には、すっごくお勧め
頭でじゃなくて、体験を通して理解できるかも

またセドナメソッドで行き詰まってる人にもお勧めします。
リアルに「手放しってどういうことか」が体験出来ます。ここ数年ヘイル・ドゥオスキンがやっているリリースの世界はこれだと思う。

それとMEのツーポイントがうまく出来ない人にもお勧め。
「ハートに意識を持って行って手放し」のプロセスに役に立ちます。

スポンサーサイト
コメント

はじめまして(^^)

はじめまして(^^)
まだまだチンプンカンプンなのですが、興味があり「クォンタム・リビングの秘密」を購入して読んでいます。先にムージ、ガンガジ、パパジ、ラマナ・マハルシなどの本や動画を少しだけかじっています。

この本を途中まで読んで、少しだけ分かりかけてきたかな・・・と思っていたのですが、途中でつまずいてしまいました。もし、お分かりになれば、私の疑問にお答えください。

この本の47ページに「思考は純粋な気づきから自然にやってきます。」「思考は静寂から生まれ、心の静かな深みを自然に動きます。」と書いてあります。ですが、58ページの2行目で「純粋な気づきも思考を生み出さないとしたら・・・」と書いてあって、あれ???となってしまいました。純粋な気づきから、思考は生まれるんじゃないの?と・・・

その後の文章には、自己から思考が生まれるというようなことが書いてありますが、こんがらがって分からなくなってしまいました。純粋な気づきと、自己の違いとか・・・

こういうものは、本を利用すると、言葉のちょっとした違いで混乱してしまいます。

誰に聞いたら良いのか分からず、こちらに質問させていただきました。質問の意味が分かりましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします!


みぃさん

もう5ヶ月以上前にコメントして頂いてたんですね。
今久しぶりにブログを更新しようとしたので、見つけました。
ほったらかしにしてたみたいで、どうもすみません。v-388

もう既に本を読んだでしょうから、疑問は解決済みだと思いますが、一応解説しときます。

まず、「自己」と「<自己>」は違います。
自己はエゴのこと。身体が自分みたいな感じの小さな自己。
<自己>は真我のこと。

純粋な気づき、<自己>については、60ページから63ページまでの、プリズムを使った説明で分かると思います。
「純粋な気づき」と「<自己>」
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。