スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真我体験 2

IMG_1122.jpg


同じ2005年の今度は8月、ガンガジ・イーライのリトリートでの話。

これは年2回あった10日間のリトリートの夏のやつ。350人くらい出席し、朝と午後質疑応答みたいなセッションがあった。
各自が自分の体験を包み隠さず、真摯に述べるのがスタイル。

以前にも各地である講演会やリトリートにも参加してたけど、350人近くの人の前で、マイクを持って自分の内面を語るのはとてもじゃないけど出来無いので、参加はするけど一回も話さず。

しかし、5月に体験した事は自分にとって大事な未知のことだったので、リトリートの半ばにガンガジが「じゃぁ、今まで一度もしゃべった事がない人は?」と言ったので、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、思い切って手を上げたら、ビンゴ!私の番

マイクを手渡され、立ち上がったら、今まで体験したことがないような強烈な恐怖感が湧きあがり、膝はガクガク震え、手も震え、立ち尽くしていました。その間、恐怖感の合間に恥とか、今まで心のそこに溜まってた、色んな感情が沸き起こってきたけど、ただじっと体験していました。

かなりの時間が経った後、ようやくしゃべりだしたら、声が震えている!それでも必死になりながら、自分の思いのたけをしゃべりました。

その時、自分がしゃべるたびにその「思い」が何も無いところから、湧きあがっては、まるで水蒸気のように消えていく様をまざまざと見せられ、体験させられました。

「思い」の本質を見たような、体験した感じで、自分がとらわれ、振り回されている「思い」というのは実は「何も無い。実体の無いもの。」だと気づきました。

ししゃべっているうちに恐怖感も体験しつくしたのか、消え去り、自分が解放されたような、生の自分をさらけ出したような感じで、ガンガジとイーライが私の話に対して返答している時、ガンガジとイーライが視界には入っていて、二人のイメージはあるんだけど、同時に別の意識では「二人」と「私」という感覚はなく、ただただ無限に広がる空間があるだけ。そんな感覚でした。

そのセッションの後、スターバックスに行き、アイスチャイを片手に読みかけのラマナの「不滅の意識」を読み始めたら、一行も読まないうちに、ものすごいエネルギーが来て、本も持てないくらいでした。「なんや、これわ?」と思い、一旦目を本から離し、再度読み始めたら、全く同じ現象。数回トライしたけど、同じ状態。
気合を入れて、再び挑戦し、必死になって2行読んだところでギブアップ

今思えば、ラマナに本を通して祝福して頂いたと勝手に思っています。

『高揚感にひたっている時、店内にスタイルのいいおねえちゃんが入ってきて、レジに進む姿を何の意識も無く、パブロフの犬のように反応し、ぼーっと目が追っている自分に気づき、「あほやなぁ、こいつ!なにやっとんねん?!」と笑ってました。無意識下でもボケとツッコミのわざがでるなんてすごいでしょ!』

その後のリトリートの間にも、「私という存在の実態は愛だ!」とか感じたけど、アパートに帰ってからのほうが実感としてありました。

5月の「心が止まる」状態よりもかなり強烈で、周りの空間も止まっているような、心の中でオームサウンドが響いているような感じがずっと続き、最初の数週間はすごかったです。徐々にそれはおさまりましたが、数ヶ月続きました。

以前のような、何かを求める焦燥感みたいなもの無く、全てが止まり、静寂があるだけ。

瞑想にしてもただ座るだけで、悟りや真我を求める「私」はいない。

その「私」がいないので、スピ系の本は一切読めなくなったというか、読む気にならなくなった。
試しに本を手に取っても、開く気がおこらず、その瞬間にも心は深く深く、内へ内へと向うだけ。

さすがに今は「オームサウンド」や「周りの空間が止まる」感じは無いけれど、「心は止まった」まんまです。

ガンガジ・イーライは「真我を体験した後、それが深まっていく」と言う捉え方をしますが、私はこれが気に入ってます。
日々の生活の中で色んな「テスト」があり、それにより深まって行くような。

「私」が全てを統括していると思っていたけど、それは間違いで、真我が全てを維持しているということをはっきりと体験出来たような気がしました。
私は自分が車の運転手だと思っていたけど、実は助手席に座っていただけ、みたいな感じ。



スポンサーサイト
コメント

「思い」の源

「思い」の本質は、「何も無い。実体の無いもの」だと僕も思うのですが、「思い」が沸き上がってくるところは、今でも「何も無いところ」って感じなのですかぁv-361

ookuwaさん

コメントが早い!
まだ途中です。
今結構書いてアップしたら、時間切れで出来ませんでした。v-12
くぅーーっ、悲しい・・・。v-409

(〃⌒∇⌒)ゞエヘヘ♪

ホントだぁ、「スターバックス」で終わってますねぇ~v-16

「それが深まっていく」

「真我を体験した後、それが深まっていく」
とてもいいお言葉ですねぇ~v-237
僕もこのお言葉、チョー好きですv-237

より深め、そうあり続けるためには、どうすれば良いのかv-236

Maxiさん、お互い、頑張りましょうねv-363

ookuwaさん:「思い」の源

あの時はっきりと見たので、今はいちいち気にしてません。
大空に浮かぶ雲みたいなものだから、あってもいいし、なくてもいい。どこから来るとかも、もうどうでもいい。

ただ無というか空とかの感じはいつもあるので、その中から湧きあがる感はあります。

常に思いを一つ一つチェックしているわけではないです。

「思い」の源

なるほど、「思い」が沸き上がってくるところは、「無というか空とかの感じ」ってことですねv-361

僕が感じている「思い」が沸き上がってくるところは、今のところ「無でもなく空でもない何か」です。(意味不明(^。^;)アセアセ・・・v-361v-361v-361

ookuwaさん:「それが深まっていく」

>より深め、そうあり続けるためには、どうすれば良いのか?
私にこの感覚はありません。
この「より深めたい、そうあり続けたい」という心の動きはないし、それを欲する「私」はいません。

真我を求め、悟りに憧れた私の一連の動きさえも「私」がしたわけではなく、全ては「私」以外の何かが支配していた感覚があり、「私」の努力と言うのも、偽りであった。

ゆえに、今はもう全てを委ね、バクティの道。バクティの道を歩む「私」ではなく、バクティそのものになりきるみたいな感じかな。

私が好きなラマナの言葉で、「一旦電車に乗ったら、荷物を下ろし、リラックスすれば、電車は自ずと目的地に着く。電車に乗っているのにもかかわらず、、座らないで、荷物を抱えたままでいるのは
間違っている」

私はリラックスしたいです^^

「それが深まっていく」

なるほど、Maxiさんは、もう努力する段階を終えてしまっているんですねぇ~

いやぁ~、ホントうらやましい。。。
僕は、まだまだです。。。
もっと努力が必要なようです。。。
あちらが僕を見つけてくれるまで、努力し続けまーすv-363

No title

>無意識下でもボケとツッコミ
わはは☆
Maxiさん大好きv-221

>「思い」が何も無いところから、湧きあがっては、まるで水蒸気のように消えていく
これは、とてもよく解りますョ。
とても解りやすいデス♪

ookuwaさん

私の体験で思うのは、あの時350人の前で話すことは一番やりたくない、出来れば逃げ出したい事だったけど、それを受け入れ、様々な感情のひだを体験することにより、真我を覆い隠していたものが取り払われたような気がします。

これをやったら良いことがあるとか、真我を体験出来るとかの期待(欲望)は全く無く、今この瞬間に全てを委ね、一切逃げずに体験する。
これが鍵じゃないかと思います。

ookuwaさんの一番の執着は真我探求のように見受けられます。
マハリシの恩寵がありますようにv-353v-410

僕の執着

そうそう、Maxiさんの言われる通りでーすv-237

まぁ、この先どうなるかわかりませんが、ただ一つの執着にすべてを委ね続けることにより、袋小路に入り込むか、Maxiさんのように努力なしにあり続けられるようになるのか、頑張ってみまーすv-363

rottie.さん

ボケとツッコミは人生の基本ですからv-411
いかなる時でも関西人のDNAは黙っちゃいられんv-315v-291

普段は霊視とか全く出来ないけど、こういう時は結構視覚的に捉えます。

ookuwaさん

ookuwaさんへのお勧めは既にやってるでしょうけど、マハリシにお願い・お祈りすることv-363

「これ以上自分の力じゃ進めません!お導きください!」と必死になってお祈りすれば絶対効果がありますv-218v-363

心からの祈りは叶えられますv-308v-353v-364

はーい

ありがとうございまーすv-363v-363v-363

がんばりまーすv-363v-363v-363

幸いです。

おひさしぶりです、こんにちは。

お話をお会いして聴けたこと、とても幸いです。ありがとうございます。また、お会いできるのを楽しみにしています。

あさん

あさんとは直接お会いして、お話し出来たので、うれしかったです。

今後ともよろしくv-410v-364

No title

「Self Realization 6/26」の日記に「はた!?」と気づくとありますが、そのとうりですね。

Maxiさんの
>日々の生活の中での気づきで十分じゃないかと思うので、地に足をつけて生活している人のほうが、意識が高い場合も多いです。

上のコメントは納得です。

rottie.さんも「あ・わ」がわかるんですね。
たいしたもんだ。!!

6/26から6/27の一連の日記の内容はほんと、すばらしいです。
ただ、1ヶ所だけ単語の使い方で気になるところがあります。
これなかなか面白い「気づき」なので、いつの日かボソボソと耳打ちi-85したいと思います。(笑)

mercy.さん

うわっ!終にmercy.さんに見つかってしまった・・・。v-388

これはやばい!これからは襟元を正してゆかねばv-364、と思いつつも、ここでは独断と偏見に満ち満ちた“Maxi Wolrd”を展開してますので、結構何でも言い切ってしまっているし、言葉足らずの部分も多分にあるでしょうが、どうぞご容赦のほどをv-436

>これなかなか面白い「気づき」なので、いつの日かボソボソと耳打ちしたいと思います。(笑)
その日を楽しみにしていますv-410

rottie.さんもただもんじゃないです。

Maxiさんのブログはいつの間にかみんなで賑やかになっていますね(*^_^*)。
楽しいな。

シロさん

v-364密かに一人で遊んでたけど、みなさんにカキコして頂いて、うれしいですv-290v-363

ここは絵文字がいっぱいあって、楽しいですv-343v-364

楽しいな。

シロさんの「楽しいな。」ってコメント見て、楽しい気持ちになりました。うれしいです。ありがとうございます。

あさん

シロさんらしいですよねv-290v-364

私も楽しいv-363

み~つけた!


“真我体験” まじめなタイトルでも、ブログを書いているMaxiさんの楽しそうな波動が伝わってきました。
これでは、頼まれた翻訳なんてやる気が起こりませんね。 なっとく。。。
心の赴くまま、手の動くまま、に書かれているMaxiさんのブログ、皆様とのやり取りも、すごく楽しみました。
ある文章の中では、私も同席していたので、あの時は、こんな心境だったのかと、すごく感動しました。v-253v-238

Babbieさん

このブログまで来るなんて、Babbieさんも暇してますね。

長い文章を書いていると、接続が切れたりして、大変でした。v-388

こっちのほうが絵文字が楽しいからv-346、最近はこっちで遊んでいますv-411
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。