スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂

2年ぶりに日本へ帰って、マトリックス・エナジェティクスの練習会に出たり、観音様巡りをしたり、楽しかったです。

CIMG3947.jpg
浅草寺の観音様のところで、ほんのちょっとだけ座りましたが、すぐに心が静まり返って、静寂さが訪れた。
観音様だから、愛とか慈悲とか感じるのかと思ったら、静寂さ。
「俺はやっぱりこれかぁ〜」としみじみ感じた次第です。
*お友達に教えてもらうまで知らなかったけど、お寺の中のお賽銭箱の先に観音様がお祀りされていますが、そこに入れます。住職がお経をあげたりするところ。右側に入口があり、靴をビニール袋に入れて持って上がります。観音様の裏側にも行けます。

マトリックス・エナジェティクスにこの一年ほどハマっていて、プラクティショナーにもなろうとしてますが、これは私にとって遊びみたいなもの。おもしろい

でも、やっぱり心の静寂さというか真我の世界が何より好き。

思わずこんな本を買ってしまいました。
*読むかどうかは分かんないけど。

また先日セドナメソッドのテレセミナーがあったけど、ヘイル・ドゥオスキンもどんどんいっちゃってるみたいで、もう普通のリリースは全然しない。
とにかく真我を感じろみたいなところがすごく好き。
色んな事に抵抗しているのが問題で、それをリリースしましょうと。
感情なんか単なるエネルギーなんだから、どうでもいいじゃないかと言ってたのには笑える。
感情をリリースしたいというのは抵抗だとか。
「おいおい、今まで感情をリリースするということで飯を食ってきたあんたがそれを言うか」みたいな。

セドナメソッドを始めたレスター・レヴェンソンも最後には自我を手放し、悟りを開いた人なんで、ヘイルのプロセスも似たようなものだと思います。

感情ひとつひとつをリリースするよりも、その大元の自我をリリースする(真我を感じる、に気づく)ほうがパワフルなので、ヘイルもそうなってきているみたい。

ネガティブな感情をリリースするとき、普通ウォッチャー(見ている人)的に感情を見ることで、リリースしたりするけど、それだとどうしても分離感が出てしまう。自分とネガティブな感情と分けてしまうと、その時はいいかもしれないけど、その内「ネガティブな感情はリリースする物、しないといけない!」みたいになってきます。
これがヘイルの言う“抵抗”。

今回特に気に入ったのが、参加者のリクエストで感情のリリースをした時、真我というか純粋な意識を感じ、感情も受け入れ、感情をも純粋な意識の一部であるという誘導瞑想的なことをしたこと。
私も旅行とかで最近色々あったので、やってみたけど、すっごくパワフルでした。

ガンガジも同じようなことを言ってたので、特に気に入ったのかもしれません。
こういうのは以前良くやってたし。

ガンガジの禅問答的なことよりも、ヘイルのセドナメソッドのほうがテクニック的だし、普通の人には取り組みやすいかも
こういうのをセミナーでやるなら行ってみたい。



スポンサーサイト
コメント

はじめまして!

マトリックスエナジェティクスに興味があってときどきブログを興味深く読ませていただいてました。
ずっと女性の方のブログだと思ってました。驚きました!色々勉強になります。ありがとうございます☆遡って拝見させていただきます。

ゆめまくらさん

マトリックス・エナジェティクスなら他にもいいブログがありますよ。
日記でも紹介しましたが、これはお勧め。
http://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/

女性って、Maxiだからですか?
ちなみにこれは以前飼っていた猫の名前です。v-411

エネルギー系のヒーリングだと自分には効きにくいけど、MEは意識で変化させるので、問題なく効きますし、そこがまた面白い。

No title

お返事ありがとうございます!また、失礼でしたらすみません<(_ _)>名前ではなくて、なんというか文面から出るエネルギーが女性的というかなんというか・・。絵文字がたくさんだからかな?だから読んでいてずっと女性が書いているんだろうという思いこみがありました(笑)どうもすみません^^;

ブログの紹介ありがとうございます。こちらは楽天ブログで繋がらせていただいているので、知っていますよ♪

興味深いことがたくさん書かれてあって勉強になりますよね☆

マトリックスはまずは本を読んでみようと思います。

どうもありがとうございます☆
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。