スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5次元で遊ぶ♪

マトリックス・エナジェティクス2 奇跡の科学―意識の潜在場を活用する―マトリックス・エナジェティクス2 奇跡の科学―意識の潜在場を活用する―
(2011/12/22)
リチャード・バートレット

商品詳細を見る


皆様、あけましておめでとうございます。
来週が旧暦の正月だから、まだ大丈夫。

今年も、「そういえばブログをやってたよな?」と思いだした時にだけ更新するでしょうけど、まぁ、どうぞよろしく


では、年末からひっぱりまくった「意識をハートに下ろす」というやつ。
これがマトリックス・エナジェティックスの肝心要。

ラマナマハリシやマスタードローレスさんも言ってるように、意識をハートに持っていくというのはすごく大事。
別にマトリックス・エナジェティックスをやらなくてもいいから、これを日々気をつけるとスピリチュアルな面でもすごく有益だと思います。

意識をハートに下ろすんだと、すぐ出来る人はいいでしょうけど、そうじゃない人はイメージするとやりやすい。
セミナーで教わったのは2つでしたが、他にも色々あります。
①頭の中でエレベーターをイメージし、それが胸(ハート)まで降りていく。
②ハートに湖をイメージし、頭から水滴あるいは小石を湖に落とす。そして波紋が広がる感じ。
③頭の中に目をイメージし、それをゆっくりとハートまで下ろしていく。

中にはどうしてもイメージ出来ない人とかがいるみたいですが、そういう時は心臓の鼓動を感じることをしてもいい。それでもダメなら、心臓に手を当てて鼓動を感じるとか。

イメージでもなんでもいいんで、とにかくハートに意識を下ろすことをしてください。
クゥオンタムタッチのレベル2でハートを意識することを習いましたが、意識するのではなく、意識をハートに下ろす。この「下ろす」というのが重要

意識が頭にある状態だと、左脳的な考え方が残り、右脳的なハートのフィールドにアクセス出来ません。それだとハートのエネルギーを使うような感じで、全然違います。

ようやくこの本を読み終えましたが、私の個人的な理解では、マトリックス・エナジェティックスは4次元的な「物」をベースにしているのではなく、5次元の世界にアクセスする。

一般のヒーリングは病人、病状、患部等の肉体という「物」に集中し、エネルギーを流すことをしますが、それだとたとえエネルギーが5時限的なものであろうと、4次元の物体を意識しているので、4次元の道理・法則に従わざるおえない。
また、病状を認めると、医学的な理論を受け入れてしまうので、その限定をも受け入れてしまう。
いかにも左脳的。

これらを手放すのがとても大事で、マトリックス・エナジェティックスでは様々な概念を手放すことを盛んに言います。
それをするためにも、頭から離れることが重要で、ハートに意識を下ろすとそれが可能になる。

また、ハートは様々な次元にアクセス出来るスペース・場なので、そこに「入る」ことが必要。
だから、ハートを意識するのではなく、ハートに意識を下ろす。

マトリックス・エナジェティックスは5時限的なスペースに入り、意識で変革させる。
この世の物体は4時限的な物理の法則に縛られるけど、意識は物体ではないので、物理の法則に縛られない。
ゆえに、タイムトラベル、パラレルユニバースが可能になる。
だからこそ、奇跡みたいな現象も起きる。

映画のマトリックスを見た人も多いでしょうが、ネオが目覚めた時、マトリックスのイメージが単なる数字や文字の羅列だと認識したけど、あれが分かりやすいかも
マトリックス・エナジェティックスはあの数字・文字の羅列を崩すことをすると考えるといいかもしれません。

崩す方法が本に載っている「ツーポイント」というやつ。
何かを測定する時には常にその観測者の意識が入るので、観測者により測定結果が違ってしまうという理論を利用するので、測定するには2つのポイントが必要だと。だから、ツーポイント。
ツーポイントのやり方は本に載ってます。

本日の講演はここまで。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。