スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経絡で診る、女性の霊障

最近ずっと鍼灸の先生に診てもらってますが、この間聞いた非常に興味深い話。

中絶等で子宮に傷がある女性は、霊を見たり、変な夢、特にグルとセックスする夢を見たりする場合があるそうです。
これは経絡の気の流れで説明すると、子宮の傷が熱を持ち、その熱が脳の一部を刺激し、霊障が起こる。

このような症状を治療する漢方薬もあるそうで、中国ではある種のゴキブリとなんかの虫から出来た物を使うとか。日本では昆虫を使うのに抵抗があるので、確か桃?だったかな?から出来た物を使うとかおっしゃってました。(はっきり覚えてないのですいません。 私は桃のほうがいい

霊障が起こると、普通霊能者に診てもらったりしますが、大抵変な霊が憑いている!とか言われて、除霊と称してお金を取られる。それも効いたり、効かなかったり・・・。
本当に治したいなら、しっかりした鍼灸の先生に診てもらうといいということですが、普通霊障で鍼灸には行かないですよね。私も初めて聞いた。私はもちろん霊能者めぐりをするほう。

しかし、原因が身体から来ている場合もあるとは知らなかったなぁ~。

鬱なんかも、経絡の流れで説明がつくみたいですが、そう言えば、西式の甲田先生の本にも「鈍重肝臓」とかいう病気があり、鬱みたいな症状が出ると確か書いてあったように思います。
当然肝臓を治療しないと、いくら精神科医に診てもらって、カウンセリングしても鬱的症状は治らない。
まぁ、卵が先か、ニワトリが先か?みたいなもんかもしれませんが、ホリスティックなアプローチで精神と身体の両方から治療するのがいいんでしょうね。

ちまたではスピリチュアルがおお流行りで、霊が見えたりするとすぐに「霊が見えた!メッセージを貰った!」とか言って喜んでますが、まずはしっかりしたお医者さんに診てもらいましょう。


私が診てもらっている先生のブログ。
http://blog.goo.ne.jp/keisclinic
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。