スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラマナ・マハルシとの対話 第1巻

かの有名な「Talks」の翻訳版が発売されるそうです。

ラマナ・マハルシとの対話 第1巻
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%A9%B1-%E7%AC%AC1%E5%B7%BB-%E3%83%A0%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2/dp/4864510601/ref=sr_1_10?ie=UTF8&qid=1354308587&sr=8-10

発売日は12月15日。
値段は3150円って、ちょっと高いけど買わずにはおられない。
ちなみに全3巻のシリーズになるそうです。

他のスピ系の人達とは違い、お金にはとんと縁のないラマナ信奉者の人達から1万円近くをぼったくるとは、ナチュラルスピリットはいったいどんだけ儲けるつもりや


この本の詳しい説明はシリウス・マハナンダさんがされてますので、このサイトをご覧ください。
http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/talksinfo.htm



スポンサーサイト

基本に戻る

今月セドナメソッドをお友達にシェアしてあげる事になったので、あらためて本を読んだり、レスターのCDを聞いたりしています。

丁度明日から水星逆行だから、内省するにはとてもいい時期なので、久しぶりにちょっと真面目にやってみようと、先週からやってるかな。
*そしたらお友達にAccess Barsのことを教えてもらったので、これも縁かなと思って行ってきました。

セドナメソッドに限らず、感情をリリースする方法は色々あるけど、結局はガンガジの言ってたヴィジランスかと思ったりして、基本に帰るみたいな感じ。
もっと戻れば、「心を内に向けなさい」との教えも私の最初の師(?)が言っていたなと、ちょっと懐かしかったり、全く進歩してないなと自省したりの毎日です。

レスターのCDはもうほとんどラマナの言ってることと同じで、実際に自己探求的内省をしていくと、セドナメソッドにある4つの欲求にどれだけ自分が囚われているかがよく分かる。
それが感情として現れたり、パターンになったりしてるので、それに気がついたらリリースするようにしています。

パパジがヴィジランスは最後の息を引き取るまでやらないといけないと言ってたそうですが、レスターもたまにやるのではなく、毎日ずっと続けないといけないと言ってるので、その気合で今はやってるところ。

はたしていつまで続くのかは分からないけど、今はこんな感じです。

懲りない奴

懲りない奴とは私のこと。

また全然違うワークショップに行ってきました。

リリースフリークだから、仕方がない。

これもまたその内日本で流行るんじゃないかな
http://www.accessconsciousness.com/index.asp

何かがリリースされたかどうかは分からないけど、すっごくハッピーになりました。

アドバンスのクラスだと、今回みたいにHands on Healing的なことはせず、意識だけでリリースするみたい。
でも、エネルギーヒーリング系のはエネルギーが身体に流れるし、その時はすごく気持ちがいい。
ただ、それは一時的で、日にちが経てば無くなっていくのがなんですね。まぁ、エネルギーの性質はそんなもんだから仕方がないですけど。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。