スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めのブログ

マトリックス・エナジェティクスが気になってから、ネットで色々調べたりしてましたが、Noricoさんのブログがとても参考になります。
http://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/

レベル1,2,3,4のセミナーの説明を詳しく書いておられるので、興味のある方はどうぞ。
私よりもずっと丁寧に書かれています。

それとキネシオロジーのセラピストをされているので、キネシに興味のある人にもためになると思います。

お勧めします

スポンサーサイト

レベル4は最高!

行ってきましたよ、レベル4。
いやぁ~、よかったなぁ~。
もやもやしてたものが全部吹っ飛びました

ものすごい情報量でしたが、これでリチャードが何をやっているかが分かった
練習すれば、同じように出来るはずかな

何でも以前は2年かけて教えていたものを3日のセミナーにまとめたそうで、どうりでテキストが分厚いわけだ。

教えてもらった内容は量も多いし、濃く、深いので、はっきり分かっていないところもかなりあるだろうけど、MEというのは、”気づいた情報をツーポイントしていく”というのが納得出来ました。
リチャードとメリッサが壇上でやっているのを見ると、すごく難しくとてもじゃないけど出来ない!と思っていたけど、今回初めて「MEって、結構シンプルなんだ」と感じました。

だから、情報量の多さにみんな悲鳴をあげてましたが、私は結構リラックスして出来たかな。
あまりの多さに降参したのが、いい手放しになりました。(笑)

これまでセミナーはレベル1&2,3,Practitioner Certificateと行きましたが、今回のフィールドが一番良かったです。
参加者の意識のレベルが高いのか、さすがに4を受ける人は他のテクニックを使っている人も多かったです。

セミナーを受けた感想として、今後アセンションした後、もし新しい時代が始まったとしたなら、その時の医者はこんなことをするんじゃないかな
問題がなんであれ、もし必要であれば、とにかく深く、多方面からチェック出来るので、まぁ、すごいわ

さぁ、練習、練習


PS:マトリックス・エナジェティクスのセミナーは他のスピリチャル系のとは違い、セッションはロックが流れる中リチャードがエアーギターをしながら始まります。

リチャードは普通のアメリカ人でベジタリアンでもないので、そのノリの影響を受けるのか、普段飲まないのに、ビールを飲んだり、プライムリブを食べたりしてご機嫌でした。

今回のセミナーで色んな思い込み、想念、観念等々が取り払われたような気がします。

It's all just informaiton, nothing more.


そろそろ飽きたかな?

私、見かけは物静かで冷静な感じがするかもしれないけど、熱しやすく冷めやすいタイプ。
すごく飽きっぽい。

「これは!」と思うと、すぐのめり込むけど、その内すぐ飽きる・・・。

何が言いたいかというと、マトリックス・エナジェティクス。

最初はすごく盛り上がって、友人に勧めたり、セッションをしてあげたりしてたけど、エネルギー系のヒーリングとは違うので、イマイチ効果のほどが分からない。
なんせ意識の変化なので、こういう効果がありますよ!と言えないところが、もどかしいというか、こんなんで人様からお金を頂くヒーリングが出来るのかな?と思ってしまう。

また私はサイキック的に見える時は見えるけど、見えない時は全然なんで、それもなぁ~というのが正直なところ。

やっぱり最初の期待が大きすぎたのか、セッションするとそれなりの効果はあるみたいだけど、こんなもんか!?みたいな感じ。

しかし、他のヒーリングと全く異なるのは、ハートに入った時の感覚。
最近はセッションをすると、ド~ンと入ってしまって、声も出ないし、MEの様々なテクニックを使う気も起こらない。
真我体験した時の感覚とすごく似ています。ヒーリングしている「私」が消え去ってしまう。
だから、その“場”に任せて何もしない事が多いけど、それでいいのかな

ただ、これをやっていると、瞑想するより何をするよりすぐに、簡単に、あの境地に入っていくので、相手にどんな効果があるのかは分からないけど、私にはすごくいいです。

色んな思いが錯綜しますが、今日からレベル4のセミナーに行ってきます

ジャッジメント(批判非難)のリリース

この前の日記で、ジャッジメントをウェルカムしてリリースする方法はいいですよと書いたけど、英語だから誰も分からないかな?と思ったので、その内容です。


ジャッジメントについてですが、ヘイルが言っていたのは、普通ジャッジメントが悪いというけど、それもジャッジメント。それで、ジャッジメントをしないようにしようというのはコントロールで、うまくいかない。

ジャッジメントをリリースするには以下の2つのステップをするといい。
①ジャッジメントしている状態をウェルカム(受け入れる)
②ジャッジメント自体をウェルカム(受け入れる)

例として、「私は太り過ぎ」をやっていました。
この場合、①が太っている身体を受け入れる、②は太っているのはよくないというジャッジメントを受け入れる。
これをやると、①と②の両方のコンセプトが崩れて、開放感を味わえると。

①、②の次に③として、
ジャッジメントしている“私”をウェルカム(受け入れる)

④もあり、それは、③で”私”をウェルカム(受け入れ)した後、”私”という”愛”をそのまま感じる。

③と④が分かりにくいかもしれませんが、ウェルカムを使ってリリースするっていうのは、
5th Way的なリリースです。

テレセミナー

セドナメソッドのテレセミナーを録音したものが聴けるので、興味のある方はどうぞ。
ただし、英語です
http://opti1.lettinggo.tv/unlimited/

内容は本に載っているリリースは一切使わず、以前行った5th Way的なリリースが多かったです。
でも、どちらかと言うと、通常のリリースよりも、真我探求に重きをおいているようでした。
今回のテレセミナーは6月のリトリートのPRが目的だったので、その紹介みたいな内容だったんでしょうね。 

サイトの動画でも紹介している、「What is beyond?」がヘイルの一番のお気に入りみたいで、盛んに言っていました。
問題(感情、思考、生活パターン等々)がなんであれ、それを感じている“私”が本当にいるかどうかをチェックしなさいというのも繰り返し言っていました。

ジャッジメント(批判非難)をウェルカムを3回使ってリリースする方法も、他のものにも使えるからすごくいいと思う。 

「今ここ」意識

昨日はセドナメソッドのテレセミナーに参加しました。
*ちなみに6月にあるリトリートのPRなので、ただ

内容は本にあるようなリリースの仕方ではなく、以前紹介した5th Way的なリリースを説明し、参加者の質問に答えていました。

ガンガジが使うフレーズとほとんど一緒だったので、私にはすごく分かりやすいし、こういう自己探究的なのはとても好き

質疑応答で、よくある「今ここ意識」(パワーオブナウ)についての話になり、静かな時であれば出来るけど、忙しい日常生活のなかでは難しい。どうすればいいか?との質問に、ヘイルは、

ヘイル:じゃぁ、「今ここ」にいるのが難しいというなら、「今」から離れてみれば?
質問者:・・・・・。出来ません!(笑)

これはすごくシンプルで分かりやすい。
こういうの大好き。

「今ここ」っていうのは、何をしてようが、逃れられるものじゃないというのが、簡単に体験できるからいいですよね、これ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。