スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一句

今日の一句。

「鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス」

いい感じ。
すごく気に入ってます。
マイミクさんの日記で見つけました。
何かの講演会に行って聞いたそうなんで、作者は不明。
スポンサーサイト

愛とは?

1207 008
ちょっと力の入ったタイトルになりました。
たまにはいいかなと。

友人の話ですが、最近忙しかったらしく、体調が悪くなり気分が悪いので医者に行こうとしたら、ある人に自分を病気だというネガティブな思いを持ったらダメだ!愛の波動に合せてないからだと言われたそうです。

スピ系をやってる人には、よくこんな風に信じている人が多いけど、ちょっと違和感を持ってしまう。
ポジティブにしてれば、ネガティブなことは起きない!というやつ。
しかし、これは心の奥底ではいいことを好み、悪い事を嫌う嫌悪の感情に根ざしており、ネガティブなことを受け入れていない。
善悪の二元論の世界。

この場合、愛を波動やエネルギーとしてとらえ、その力で悪を打ち砕くことをやっているわけですが、まぁ、愛とはほど遠い、非常に暴力的な行動。
それを“愛”という言葉でごまかしているのが実相。

真の愛とは全てを受け入れ、そこには善悪、良いとか悪いとかの区別は一切ない。
よくある例えですが、愛とは日の光のようなもの。
極悪非道を尽くしている人であれ、悟りを開いた聖人であれ、日の光は同様に降り注ぐ。
スーパーポジティブな聖人に、よけいに日の光が降り注ぐわけではない。
みんな同じ。

あのラマナ・マハリシでさえ、アシュラムに強盗が押し入った際、暴行を受けたそうなんで、ポジティブにしてればネガティブなことは起きないというのはちょっと違うんじゃないかと思います。

何が起ころうが起こるまいが、そんな事とは関係なく“ポジティブ”でいることが目指すところ。

と言うことで、体調が悪ければお医者さんに診てもらいましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。