スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が変わるのが早いわ!

前の日記でもう止める!とか書いたものの、ミートホープや赤福の社長じゃないけど、全部消え去るのはちょっと勿体ないような気がしてきた。

折角色々書いたのに、全てなくなるのはちょっとねぇ。勿体ない。

なにぶんサービス精神が旺盛なもんで、アクセスが多いと、「何か書かないといけないんじゃないか!?」というプレッシャーで書く気がなくなってしまってました。

どっかの坊さんじゃあるまいし、そうそう毎日スピ系のネタがあるわけじゃないので、ここらで初心に帰って、スピ系の重い話はボチボチと、単なる私の“ひとり言”を書くんじゃないかな、たぶん。

まぁ、こんな気持ちになったのも水星逆行のせいだ!ということにしときます。


スポンサーサイト

ほとんど引きこもり?!

IMG_0019.jpg

最近ブログやミクシイに厭きてきたのか、他人の日記にコメントする気がしないです。

でも、全くしないわけではなく、ミクシイでは日記をそれなりにアップしているし、コメントもちらほらと。

ガンガジの本の読者のために、このブログで Direct Experience(直接体験)とかガンガジの言ってることの解説をしようかなと思ったりしてたけど、それもそのまんま。

物知り顔でスピリチュアルなことをあれこれ言うのも、もういいかなと思ったり。

は自分の体験に基づくことしか書いてないので、評論家でも無いし、専門家でもないです。

そういう人達におまかせして、私はもういいやと。

最近は意識してるわけじゃないのに、思いついて書こうとしたりしても、ただそれをそのままにして、その思いの出所に戻り行くさまを見てるだけみたいな感じ。

日々浮かぶ思いや、あるいは空想・妄想的なものにも乗らないというか、リアリティがないので、ただ見てるだけ。

それをしてどうなる?とかもなく、ただそのまんま。

ただただ、内へ内へと向っている。

だから、ブログなんかでそれをシェアしようという思いが邪魔になってきている。

人とのコミュニケーションも面倒くさい。

人それぞれに人生があり、物の見方があるので、その人の「物語」についてどうのこうの言うのも、結局私は私の視点からしか理解出来無いし、大抵各々自分のやりたいこととか、どうしたいかという答えは自分で知っていて、それに賛同してほしいだけなので、いちいちコメントしなくてもいいんじゃないかなと。

こんな調子なんでほとんど引きこもり状態。

今日も昼御飯を食べようとした時、突然内へと入り、至福である自分になり、しばらくそのまんま。

とりとめのない話になったけど、先週末なぜかアクセスが異常に多かったので、そのうちこのブログも突然止めるかもしれないと言う、今日はそのお知らせです。

「見る」とか「観察者」という意識について

よく思いを「見る」とか「観察者」の意識を持つとか言いますが、その際に陥りやすいのは、「見えるもの」に意識をおきすぎるというか、見えるものや見る事に執着すること。

そうではなく、まず「在る」という意識というか感覚が大事かと思います。「在る」から「見える」。

見える景色ではなく、見ているものに意識を置く。

真我は存在するもので、“見える”ものではない。
プレゼンス(存在)の世界。

あくまでも真我に集中することが肝要。
見えるものはどうでもいい。

「見る」という行為があると、常に「見る人」がいるはずで、それは自我の世界。
自我を基盤として、瞑想法等でその上にどんな世界を作り上げても、しょせんは自我の遊びに過ぎないし、その集中が止まれば、常に自我の自分に戻ってくる。

確かパパジが言っていたけど、「至福を体験することではなく、私が至福である!」ということ。


それと「観察者」とは「傍観者」ではない。
分離感というか距離感を持つと罠にはまってます。
これこそが自我の世界、二元論の世界(私と他者というやつ)。

いい例えかどうか分かりませんが、私のイメージとしては、野に立ち、雨が降ろうが、嵐が来ようが、日が照ろうが、全てを受け入れ、体験しつつもただ立っているような感じ。
遠くからそういう状況を離れて見てる感じではないです。

悪い思いが浮かんだ時、ちょっとでも逃げたり、避ける感覚があればダメです。
また、いい思いが浮かんだ時、それに酔うのもダメ。
全てを突き放して見るのも違います。

意図する世界は一体感で、距離のある分離感ではないから。

ちょっと小難しい話しになったけど、でもそんなの関係ない


パパジの本:覚醒の炎

覚醒の炎―プンジャジの教え 覚醒の炎―プンジャジの教え
(2007/10)
ナチュラルスピリット
この商品の詳細を見る


パパジの「覚醒の炎」という本が出版されました

このブログで何度も登場しているパパジなんで、いまさら書くこともないですが、ラマナと違いライオンライオンのような人。

メッセージもラマナの「静寂であれ」とはちょっと違う、「止まれ!」
静と動の違いみたいな感じ。しかし、意味するところは同じ。

パパジの本で「Wake up and roar」(目覚めて、ほえる!)というのがありますが、いかにもパパジらしい題名。

マイミクのあさんのコメント、
“パパジの本ちょっと読むだけで、何もいらなくなる。パパジの本も!”

皆さんもこの本を手にして、パパジの強烈なメッセージを受け取り、ファイア~



SRFの日曜礼拝

20071001220145.jpg

「新たな決意!」でラマナ以外のグルの写真は全て仕舞ったんだけど、昨日の朝、ふと思い立ってヨガナンダジのSRFに行ってきました。

以前はオレンジ色の衣装を纏った高弟(?)のスワミがいたから人も多かったけど、今は普通の格好の人なので、参加者もまばら。

内容はパラマハンサ・ヨガナンダの作った賛美歌を歌い、10分ほどの瞑想、お祈りの後お話し。その後再び賛美歌を歌い、「オーム」の波動で身体、心、世界平和へのヒーリングがあります。

昨日は思いのほか深い瞑想になり、プログラムの間ずっと目を閉じ、そのままの状態でした。

ハートから愛が溢れ出る、そんな感じもしました。

久々にいい瞑想でした。

クリヤヨガのマスター達の写真も全て撤去したのに、SRFへひょこひょこと行く屈託の無さというか、いい加減なのが私のいいところ。

こだわりはないほうが、人生は楽しい


ブログの調子がおかしい!

ブログの調子がおかしい!

新しく日記を書いたのに、アップ出来ていない!

折角書いたのが全部消えると呆然とするわ

FC2の責任者出て来い

と言う事で、これはテスト^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。