スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞さんに学ぶ

お友達でお坊さんの英月さんのブログにあった親鸞さんのお話し。
抜粋すると、

親鸞さんが生きていたころ。
じゃぽんはすっごい天災に見舞われていた。

○ 養和2年(1182年)
親鸞さんが9歳の時。
養和の大飢饉。

鴨長明の書いた「方丈記」によると、養和2年の4月から5カ月のたった2か月の間に、洛中だけで、4万2千3百名の死者。


○ 健保2年(1214年)
親鸞さんが42歳の時。
関東を中心にひでりが襲う。


○ 寛喜2年(1230年)
親鸞さんが58歳の時。
旧暦の6月(新暦の6月下旬~8月上旬)に、武蔵国(現在の東京、埼玉、神奈川)、で降雪が観測される異常気象。
全国的な長雨による冷夏。
台風の襲来が続き、農作物の収穫に壊滅的な打撃を受ける。


○ 翌、寛喜3年(1231年)
親鸞さんが59歳の時。
鎌倉時代を通じて、最大規模の飢饉。
藤原定家の日記「明月記」には、洛中に死骸があふれ、その死臭は、家の中まで漂ってきたと言う。

そんな怒涛の天災+源平の戦い。

そんな中…。
親鸞さんは2回、あるコトをしている。

健保2年と、寛喜3年。
共に、天災で、じゃぽんが、めちゃくちゃになった時。

親鸞さんは、お経を称えた。
休むことなく、称え続けた。

そして、数日後…。

止めた。

自分の「お経を称える」と言う行為によって、みんなを救おうと思う心。
それは、自分の力でなんとかなる!と言う、自分の力に対するこだわり。
またそれは、みんなを救う側に立とうとする自分の心の表れ。

親鸞におきては、ただ念仏して
弥陀にたすけられまいらすべしと
よきひとのおおせをかぶりて
信ずるほかに別の仔細なきなり。

「歎異抄」第2章


ヒーリングしたりする時に、「治そう」と思うと、それがこの驕りに繋がっているので、よくよく心しないといけないなと、反省しております。

親鸞さんはえらい

PS:今月は写経の会をお休みし、みんなでカラオケしてたことを親鸞さんにお詫びせねば
まぁ、私が幹事をしてるから仕方がないけど。

スポンサーサイト

アマチのバースディダーシャン!

今日はmixi日記のコピーを2つほど。


先週の木曜日にアマチに会いに行ってきました。

やっぱりアマチの波動はすごく強いから、アシュラムに入った時から手にエネルギーが流れっぱなし。

私のお気に入りはダーシャンが始まる前のプチ瞑想。
あれはいい
深く、深く入れます。
アマチと一緒に、数百人の人とグループ瞑想するからなんでしょうね。

で、ダーシャンですが、いつもは誕生日の日に来てバースディダーシャンをしてもらうけど、来週なんでちょっと気が引けたけど、お付きの人にお願いしたらOK

ダーシャンではチョコレートを二つ、リンゴ、バラを貰い、アマチの近くに座らせてくれました。

今回はとにかくやたらハートにビンビンきました。
ハートに愛が溢れんばかりに、とめどなく流れてきた感じ。

明後日のDevi Bhavaも行こうかな
*結局お友達と行くことになりました。

「仏様のことば(丁度よい)」の原詩


仏様のことば(丁度よい)

お前はお前で丁度よい
顔も身体も名前も性も
お前にそれは丁度よい

貧も富も親も子も
息子の嫁もその孫も
それはお前に丁度よい

幸も不幸も喜びも
悲しみさえも丁度よい

歩いたお前の人生は
悪くなければ良くもない
お前にとって丁度よい

地獄へ行こうと極楽へ行こうと
行ったところが丁度よい

うぬぼれる要もなく卑下する要もない
上もなければ下もない

死ぬ月日さえも丁度よい

仏様と二人連れの人生
丁度よくないはずがない

丁度よいのだと聞こえた時
憶念の信が生まれます

南無阿弥陀仏



心にしみる深いお言葉。
そう、全てが丁度いい。
なるほどねぇ~。
確かにそうだし、そう思うとすごく楽になる。
ありがたや、ありがたや。


月に一回行っている写経の会で教えてもらいました。私は知らなかったけど、結構有名みたいですね。
石川県の藤場美津路(ふじばみつじ)さんと言うおばあさんが、頭の中に浮かんだ仏様の言葉を書き留めたものだそうです。

色んな人が宗教的な最後の5行を省いたり、加筆したりしているそうですが、ネットで検索したら「お前」が「あなた」になってたり、最後の3行の代わりに、「これで良かったと思った時、感謝の心が生まれます」というのもありました。でも、これだと「憶念の信」と意味が全然違う。
「憶念」とは「心の中に堅く思いいだいていること」だし、「信」はこの場合「信仰心」でしょうか。

この詩に関して詳しいことは、このサイトをご覧ください。

カルンナマィ

Sri-Karunamayi-01.jpg
ここ数日毎日、カルンナマィに会いに、夜明け前に出発する生活でしたが、昨日のHomaがあまりにもパワフルだったので、今日のPujaはお休みし、ちょっとゆっくりしてます。


例年通りのスケジュールで、去年の4月10日のブログを見て頂くのが一番いいですが、今年はSilent Meditation Retreatにも行ってきました。

今回もIndividual Blessingは強烈で、ハートにビンビン来る波動がすごかったです。


リトリートではヨガのアサナと呼吸法をいくつか教えてくれましたけど、今通ってるヨガクラスでは教えてもらってない、胃腸を強化するポーズを教えてくれたので、丁度良かった。

カルンナマィはヴェーダについて造詣が深く、とにかく知識が豊富で奥の深い説明してくれるので、勉強になるし、今後アサナ、呼吸法、マントラをするにしても、その意味を十分理解してやるので、全然違うように思う。


Homaはいつも弟子のスワミがやるんだけど、体調を崩しているようで、今回はカルンナマィ自身が行ったので、まぁ~すごかった

Sri-Karunamayi-Homa.jpg

Divine Motherの愛みたいな感じの波動が、そこらじゅうに溢れている感じ。

周りの木々や草花と一体となった感じがすごくしました。


スピ系やってる人には、既存の宗教等を嫌う人がいるけど、私は宗教的なものに対して、全く偏見も違和感もないので、こういった宗教的儀式は、結構というか、かなり好き。

お寺でも神社でも教会でもどこでも、“神を感じられる”場所は好き。
だから、そこで行われる儀式等も好き。
特に伝統的なものは。

こういった“本物”に御縁があるのは、つくづく幸せなことだと思うし、感謝、感謝です。

でも、こういうのって教えてあげても、中々来る人は少ないです。
もったいないなぁ~と思うんだけど、仕方がない。


あ~、それにしても昨日はすごかった
HOMAのエネルギーが入ったマラをしてるから当然か



Maha Sivaratri

今日はシヴァ神の御祭り、Maha Sivaratriの日。

6年前にアルナーチャラで過ごした日のことを思い出します。
初めてギリプラもやったし。

Shiva Lingam-1

オーム・ナマ・シヴァヤを108回唱えると、いいことが起きる


IMG_0077.jpg
アルナーチャラ・シヴァ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。