スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨死体験で真我体験

フェイスブックをやってるから、そっちでちらっとコメントして終わり。
中々ブログにまで続けて書く気がしない今日このごろ。

一年ぶりにマトリックス・エナジェティックスのセミナーに出てますが、やっぱりおもしろい
ノーマインド、ノーセルフのハートフィールドに入って、そこから浮き上がってくる情報を使って遊ぶ♪ものだから。


さて、臨死体験であの世に行く等々の話はよくありますが、この人の話は真我体験的で非常に興味深いです。

http://onasu.exblog.jp/21816242

http://yukosait.blog21.fc2.com/blog-entry-71.html

スポンサーサイト

創造主からの最も偉大な贈り物

http://www.youtube.com/watch?v=Pfr309Lx8cA&feature=player_embedded

バシャールにはあんまり興味がないので、スルーすることが多いけど、これはおもしろい


人生に意味はない


思わず笑える。

こうまではっきり言うところがいいですね。



PS:これは最近マイミクさんになってもらった片岡ひろ子さんのブログに載ってました。

先週遠隔治療をしてもらったけど、すっごく良かったです。
愕関節の調整と整体的な身体のアンバランスを調整してくれましたが、術後では姿勢もかみ合わせも全然違う
遠隔でも効果抜群お勧めです。

ひろ子さんのブログもお勧め。
「免罪符」、「所有しない」とか興味深い話。
言うは易し行うは難しというけど、手放しをしっかり実践しているところが素晴らしい
頭が下がります。
初めて読んだ時、「この人はバイロン・ケイティか!?」と思ったほど。




お勧めしま~す

聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)
(2010/05/24)
中村 光

商品詳細を見る


仏陀とイエスのゆるゆる立川ライフが、すごくおもしろい
仏教とキリスト教の知識があると笑えます。

マンガですけど、それが何か

最新の脳科学からマンガまで、幅広くカバーしております。

「行為者」について、脳科学的アプローチ

昨日行ったイベントで、最近の脳科学の話になり、非常に興味深かったのは「行為者」の話。

「行為者」とは、悟りを開いた人が良く言う、我々は行為者ではなく、真の行為者は神だというやつ。
shioさんのブログにラマナのお言葉が載っています。

脳科学の実験で、私が何か物(例えばリンゴ)を取る時、まず、「リンゴを取ろう」という意識が脳のある部分で起こり、その後、脳の中の腕を動かす部分が反応する。というように、考えてきましたが、実際に実験すると、全く逆のことが起こる。
脳の中の腕を動かす部分が最初に反応し、極々僅かながらその後に、「リンゴを取ろう」という意識がおこるはずの脳の部分が反応していると。

だから、この場合、一体誰がリンゴを取ろうとしているのか
の意識の前に、既に誰かが腕を動かそうとしている
ゆえに、この「誰か」、真の行為者は何なのか?という疑問が生まれます。
これが最近の脳科学の実験で導き出されたそうです。

これはラマナのような悟りを開いた宗教家が言っていることと合致します。

この分野でもっと科学が進歩すると、色んな理解が深まるからいいですよね。
今後の発展に期待します。

愛とは?

1207 008
ちょっと力の入ったタイトルになりました。
たまにはいいかなと。

友人の話ですが、最近忙しかったらしく、体調が悪くなり気分が悪いので医者に行こうとしたら、ある人に自分を病気だというネガティブな思いを持ったらダメだ!愛の波動に合せてないからだと言われたそうです。

スピ系をやってる人には、よくこんな風に信じている人が多いけど、ちょっと違和感を持ってしまう。
ポジティブにしてれば、ネガティブなことは起きない!というやつ。
しかし、これは心の奥底ではいいことを好み、悪い事を嫌う嫌悪の感情に根ざしており、ネガティブなことを受け入れていない。
善悪の二元論の世界。

この場合、愛を波動やエネルギーとしてとらえ、その力で悪を打ち砕くことをやっているわけですが、まぁ、愛とはほど遠い、非常に暴力的な行動。
それを“愛”という言葉でごまかしているのが実相。

真の愛とは全てを受け入れ、そこには善悪、良いとか悪いとかの区別は一切ない。
よくある例えですが、愛とは日の光のようなもの。
極悪非道を尽くしている人であれ、悟りを開いた聖人であれ、日の光は同様に降り注ぐ。
スーパーポジティブな聖人に、よけいに日の光が降り注ぐわけではない。
みんな同じ。

あのラマナ・マハリシでさえ、アシュラムに強盗が押し入った際、暴行を受けたそうなんで、ポジティブにしてればネガティブなことは起きないというのはちょっと違うんじゃないかと思います。

何が起ころうが起こるまいが、そんな事とは関係なく“ポジティブ”でいることが目指すところ。

と言うことで、体調が悪ければお医者さんに診てもらいましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。