スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づき

フェイスブックのOSHO Japaneseのページの引用です。

さすがOSHO 
これほど簡潔明解に「気づき」、「観察者意識」のステップを説明しているのがすごい
OSHO Japanese さん、ありがとうございます。
ブログでもシェアさせていただきます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


OSHO:<気づき>の第一歩は、
自分の体にごく注意深くなることだ。
だんだん人はそれぞれのしぐさ、
それぞれの動作に敏感になってゆく。
気づくようになるにつれて、奇跡が起こりはじめる。
それまでやっていた多くのことが消えうせて、
体はもっとくつろぐようになり、
もっと調和するようになり、
体のなかにすら深い安らぎが満ちわたって、
そこには微妙な音楽が脈動するようになる。
そうしたら、思考に気づきはじめなさい。(つづく)


OSHO:<気づき>第二歩、

思考に気づくようになると、
あなたは内側で起っていることに驚く。!!!
気ままに起っていることを書留めたら、
あなたはびっくり仰天する。!!!
こんなことが内側で続いているなんて、
自分でも信じられない・・・・。

十分後にそれを読んでみなさいーーー
内側の狂った思考がそこにある!
私たちが気づいていないために、
このすべての狂気が底流のように続いている。

それはあなたのなすすべてのことに影響を与え、
あなたがしないすべてのことに影響を与え、
ありとあらゆることに影響を与える。
そしてその総計があなたの人生になる!
だからこの狂人が変えられなければならない。

だが、<気づき>の奇跡とは、ただ気づくように
なるだけで、ほかには何もする必要がないということだ。(つづく)


OSHO:<気づき>第三歩、

見守るという現象そのものが状況を変える。
だんだんと狂人は消えてゆき、
ゆっくりと思考は一定のパターンに納まってくる。
それはもはや混沌ではなくなり、
もっと秩序のあるものになる。

すると再び、より深い安らぎが満ちわたる。
そして体と心が安らいでいるとき、
あなたはそれらが協調しあっているのを、
そこに橋が架けられているのを見ることができる。
今やそれらは別々の方向に走ることはなく、
別々の馬にまたがってはいない。

そこには初めて調和があって、その調和が
第三の段階に働きかけるのを大いに助けてくれるーー
それは、自分の感覚、感情、
気分に気づくようになることだ。(つづく)


OSHO : <気づき> そのとき、第四のものが起る。

これは、最も微妙な層であり、最も難しいが、
思考に気づくようになれば、あとほんの一歩だけだ。
もう少し強烈な<気づき>があれば、
あなたは自分の気分、感情、感覚を観照
できるようになる。
ひとたびこの三つすべてに気づくようになると、
それはひとつの現象に結びあわされる。

そして三つすべてがひとつになって、
いっしょに完璧に働き、共にハミングしているとき、
あなたはこれら三つの音楽を感じることができるーー
それはオーケストラだーーそのとき、第四のものが起る。
それはあなたがすることではない。
それは、ひとりでに起る。それは全体からの贈り物であり、
これら三つの段階を通り抜けた者に与えられる報酬だ。

この第四のものは、
人を目覚めさせる究極の<気づき>だ。
人は自らの<気づき>に気づくようになるーー
それが、第四だ。

それはブッダ、目覚めたる者を生みだす。
その目覚めにおいて初めて、
人は至福とは何かを知るようになる。

〜The Old PondーPlop!より
Copyright © 2015 Osho International Foundation
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。