スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のリリース

やっぱりアドヴァイタということで、先月くらいから“究極のリリース”を実行中。
そのやりかたは・・・・・

何もしない

どんな感情がわき上がるにせよ、何もしない。
ただ、起こるまま。
“呼吸とともにその感情といるだけ”みたいな感じかな。

ガンガジ・パパジのいう“ヴィジランス”です。
ヘイル・ドゥオスキン的に言えば、ウェルカム、受け入れになると思います。

これをやっていると、いかに自分が様々なパターンに巻き込まれているか、またそれをどうにかしようと足掻いているかがよく分かります。セドナメソッドも含めて。

とは言え、ひつこいやつには、セッションでよく使うDr.Fabric方式でリリースしたり、Kさんのハートワークでリリースしたりしてますけどね。
まっ、その辺は臨機応変にやってま〜す。

*セドナメソッドとアクセスコンシャスネスの理論をアレンジして、ハートワークをするとすっごく効きます
やった後は、心がスカ〜っとして、な〜〜〜んにもなくなり、そのまま瞑想状態にはいります。
書くと長くなるので、また、今度シェアします。

スポンサーサイト

懲りない奴

懲りない奴とは私のこと。

また全然違うワークショップに行ってきました。

リリースフリークだから、仕方がない。

これもまたその内日本で流行るんじゃないかな
http://www.accessconsciousness.com/index.asp

何かがリリースされたかどうかは分からないけど、すっごくハッピーになりました。

アドバンスのクラスだと、今回みたいにHands on Healing的なことはせず、意識だけでリリースするみたい。
でも、エネルギーヒーリング系のはエネルギーが身体に流れるし、その時はすごく気持ちがいい。
ただ、それは一時的で、日にちが経てば無くなっていくのがなんですね。まぁ、エネルギーの性質はそんなもんだから仕方がないですけど。


Zpoint Process

Zpoint processって、おもしろい
潜在意識にお願いしてリリースしてもらうのが変わってる。
http://www.zpointforpeace.com/
http://www.johnthornley.com/html/zpoint.html

日本語はこっち、
http://mallam.oh.land.to/Mindtech/index.php?Mindtech
*「Zero Point Matrix」から入ります。

潜在意識にお願いするわけですが、一回言ったらいいそうで、覚える必要も無し。
後はただ、キューワードを言うだけ。
*キューワードは何でもいいみたい。意味があろうとなかろうと関係なし。
これを考えだしたグラント・コナリー氏は「シュザーム!」と言ってました。
*これもなんの意味もないそうです。

やってみたけど、結構効果があったように思います。
何より潜在意識にお願いするというのがいい。
ホ・オポノポノだとウニヒピリという潜在意識にお願いするけど、これはただ一回お願いするだけだから、もっと簡単。

実際お願い文を読むと、潜在意識にじわ~っと来る感じがします。

今週は春分で新月もあるし、余計なものをリリースして新たに出発

シュザーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。